ブロックチェーンのしくみをわかりやすく解説

blueppt_bc

IT説明図:ブロックチェーンのしくみをわかりやすく解説

図はダウンロード可 zip 約44KB pptx 約52KB
¥220(税込)

ブロックチェーンは、チェーンをブロックチェーンシステムの利用者で共有できることから、どこかに障害などが発生してもチェーンを維持できます。

一方で、集中型と比較すると、共有の関係から処理速度が劣る場合があります。
そのため、即時性が求められる取引などでは向かないこともあります。
チェーンを作成してつなげていくしくみの裏側では、コンセンサスアルゴリズムと呼ばれている、利用者間でのブロックの生成を検証するしくみがあります。

コンセンサスアルゴリズムの代表例として、Proof of Work(PoW)などが挙げられます。
PoWでは取引でブロックが生成されると、利用者の間での共有ならびに検証を経てチェーンへの連結が行われます。
PoWは不特定多数で利用することができます。PoWはパブリック型と呼ばれていて、そのほかに特定のグループでの利用を中心としたプライベート型があります。

PoWのほかに、Proof of StakeやProof of Importanceなどがあります。
どのアルゴリズムを使うかはシステムごとに異なっています。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:ブロックチェーン(分散型台帳)と集中型の違い

説明図:DXとは何かはこちら

説明図:DX・デジタイゼーション・デジタライゼーションの違いはこちら

記事:DX人材を育成する方法と具体例