DX・ディスラプターとプラットフォーマーとは何か

blueppt_dandp

IT説明図:DX・ディスラプターとプラットフォーマーとは何か

図はダウンロード可 zip 約40KB pptx 約48KB
¥220(税込)

DX(デジタル・トランスフォーメーション)を語るときに不可欠なのが、外圧や外部からの侵攻の観点です。

例えば、ビジネス領域で近い部分があっても、競合とは認識してなかった企業が、
いつの間にか自分たちの業界に入ってきて市場を席巻する、あるいは自社のビジネスを続けていくために
それらの提供するサービスを利用する側になっているなどです。

前者はディスラプター(Disrupter:創造的破壊者)と呼ばれていて、グローバルに民泊を仲介するAirbnbのような企業が例として挙げられます。
ホテルや旅館、旅行代理店などの事業者は、得られるはずであった売上げや顧客を奪われる可能性があります。

後者はプラットフォーマーと呼ばれていて、わかりやすい例としてはGoogleの地図や位置情報のサービスがあります。
少し古い例では、オンラインモールのAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが挙げられます。

いずれのサービスも他社に先んじて始めて苦しいときも続けて現在の地位を築き上げています。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:DXとは何かはこちら

説明図:DXとデジタル化の違いはこちら

説明図:DX・デジタイゼーション・デジタライゼーションの違いはこちら

記事:クラウドの基本や用語をわかりやすく解説はこちら