DX・デジタイゼーション・デジタライゼーションの違い

blueppt_digital

IT説明図:DX・デジタイゼーション・デジタライゼーションの違い

図はダウンロード可 zip 約132KB pptx 約164KB
¥220(税込)

DX(デジタル・トランスフォーメーション)は、企業や団体がデジタル技術を活用して経営や事業における変革を実現する取り組みです。

以前はDXとともに、デジタイゼーション(Digitization)やデジタライゼーション(Digitalization)という言葉が使われていたこともあります。

DXとの大きな違いは、デジタイゼーションやデジタライゼーションはデジタル技術の導入やそれらを含んだシステムの活用であることです。
一言でいえば、デジタル化を進めるということもできます。

あるいは、デジタイゼーションはデータにできていなかったものをデータ化する、デジタライゼーションはプロセスも含めてデジタル化を進めるということで、
それらをDXの前段階と位置づける考え方もあります。

この考え方が共感を得ているのは、1つの単語で難しい話を共有できることです。
なお、実際のDXの進め方に関して言えば、デジタル化⇒DX実現、のように段階を経て進める方法と
過程は気にしないで、一気にDXを進める方法論があります。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:DXとは何かはこちら

説明図:DXとデジタル化の違いはこちら

記事:DX用語10選はこちら

記事:クラウドの基本や用語をわかりやすく解説はこちら