DXとは何か

blueppt_dxt

IT説明図:DXとは何か

図はダウンロード可 zip 約52KB pptx 約60KB
¥220(税込)

DXという言葉が日常的に使われるようになっています。

DXはDigital Transformation(デジタル・トランスフォーメーション)の略称です。
企業や団体がデジタル技術を活用して経営や事業における変革を実現する取り組みをいいます。

デジタル技術を一言であらわす「Digital(デジタル)」と変革を意味する「Transformation(トランスフォーメーション)」を組み合わせた造語です。
デジタル技術はここ数年の間に急速に導入が進んでいる比較的新しい情報通信技術の総称で、例を挙げると以下のような技術です。

・AI(Artificial Intelligence:人工知能)
・IoT(Internet of Things)
・クラウドコンピューティング
・AR(Augmented Reality:拡張現実)とVR(Virtual Reality:仮想現実)
・Web技術
・API
・ブロックチェーン

上記に、RPAやモバイル、ロボティクス、サービスが開始された5Gなどを含むこともあります。

DXは、情報技術や情報通信技術をあらわすIT(Information Technology)やICT(Information and Communication Technology)が日常会話にも登場するように身近な言葉になっています。
以前はITに詳しい一部の企業や団体で使われていましたが、今ではさまざまなシーンで使われています。 

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:DXとデジタル化の違いの詳しい解説はこちら

記事:DX用語10選はこちら

記事:クラウドの基本や用語をわかりやすく解説はこちら