ジャイロセンサーとは何か

blueppt_gyro

IT説明図:ジャイロセンサーとは何か

図はダウンロード可 zip 約32KB pptx 約40KB
¥220(税込)

ジャイロセンサーは角速度センサーとも呼ばれている。
傾きや角度を検知するセンサーで、スマートフォンであれば、手のひらの上に乗せて回したときの回転の度合いを示す。ジャイロセンサーから出力されるデータは、dps(degree per second)であらわす。1秒間に1回転するなら360dpsとなる。

ジャイロセンサーは加速度センサーとともに利用されることが多く、いずれも動きがあったときにデータが提供されるが、これらの2つのセンサーはAR(Augmented Reality:拡張現実)やVR(Virtual Reality:仮想現実)の実現の土台にもなっている。
ゲームやエンターテインメント、ドライブレコーダーほか、今後はさまざまな分野での活用が期待されている。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

記事:IoTシステムとは何かはこちら

説明図:IoTシステムの構成はこちら

IoT/DX関連技術を集めたページはこちら