ハイブリッドクラウドのパターンと概要

blueppt_hybrid

IT説明図:ハイブリッドクラウドの概要

図はダウンロード可 zip 約48KB pptx 約60KB
¥220(税込)

現在、ごく一部ですが、すべてのシステムをクラウドで実行している企業があります。
最終形としてそれを目指す企業や団体は多数ありますが、そこに至る過程にはいくつかのパターンがあります。
要件に合わせてクラウドやクラウド以外のシステムを組み合わせることは、ハイブリッドと呼ばれています。

次のようなパターンや過程があります。
・オンプレミス+パブリッククラウド or データセンター
・オンプレミス+データセンター+パブリッククラウド
・上記に自社のプライベートクラウドが加わる
・パブリッククラウド+プライベートクラウド

クラウドの導入を進めている企業や団体の多くはハイブリッドの状態です。
もともとのオンプレミスのシステムを、移行しやすいものから、順次クラウドなどで外出ししていくことによります。
なお、ハイブリッドの状態で確認すべきは、各システム間のネットワークや連携です。
図のようなイラストを書いて整理することをお勧めします。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:パブリックとプラーベートクラウドの違いはこちら

説明図:VPC(Virtual Private Cloud)の概要はこちら

説明図:データセンターサービスの種類はこちら