LAMP(Linux・Apache・MySQL・PHP)の概要

blueppt_lamp

IT説明図:LAMP(Linux・Apache・MySQL・PHP)の概要

図はダウンロード可 zip 約48KB pptx 約60KB
¥220(税込)

WebサーバーがLinuxの場合には、DBも含めてOSSを使うことが多いです。

LAMPは、Linux、Apache(アパッチ)、MySQL、PHPのそれぞれの頭文字を取った4文字を語源としています。
Webアプリのバックエンドに欠かせない代表的なソフトウェア群の1つとして認知されています。

・Linux:図にあるように、いくつかの主要なディストリービューションがあります。

・Apache:OSSのWebサーバーの代表ですが、ほかにNginx(エンジンエックス)などがあります。

・MySQL:WebアプリでのOSSのデータベースの代表ですが、ほかにPostgreSQL、MariaDBなどがあります。

・PHP:サーバーサイドのスクリプト言語の代表です。

Webアプリは、Webサーバー、アプリケーションサーバー(APサーバー)、DBサーバーから構成されますが、
基本的なWebアプリであれば、LAMPをプラットフォームとして早期に作り上げることができます。
もちろん、これらのプラットフォームの上に、ユーザーから見えるHTMLやCSSほかのファイルがあります。

物理的なサーバーは、Web/APサーバーとDBサーバーの2台構成、あるいは各1台ずつ計3台の構成が多いです。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:Webのセキュリティ対策一覧はこちら

説明図:Webサーバーのロードバランシングはこちら

説明図:Web・Proxy・DNSサーバーの機能はこちら

記事:AWSでWebサーバーを作成するはこちら