リモートワークやテレワークを実現するシステム構成例

blueppt_remotework

IT説明図:リモートワークやテレワークを実現するシステム構成例

図はダウンロード可 zip 約48KB pptx 約60KB
¥220(税込)

リモートワークやテレワークを実現するためには、仮想デスクトップ(VDI:Vitual Desktop Infrastructure)のしくみが不可欠です。
仮想デスクトップに対しては、企業や団体のオフィス内のPCからだけでなく、社外から別の端末でもアクセスすることができます。
自分の仮想マシンをいつどもどこでも呼び出すことができるのでとても便利な機能です。
システムの構成としては、クラウドサービスのサーバー内に仮想化されたPCを置いて物理的なマシンから呼び出してします。
現在はVPN経由で利用するのが多数派です。

このような基盤を構築することで、自宅や外出先でのリモートワークやテレワークが可能となり、働き方改革の実現にもつながります。
クラウド事業者は外部接続のためのセキュリティやモバイル環境も備えているのでスムーズに進めることができます。
なお、一般的には一足飛びにVDIに行くのではなく、ファイルサーバーやメールサーバーなどの比較的移行が容易なシステムからクラウド化を進めていきます。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:VDIはこちら

説明図:VPNのしくみの概要はこちら

説明図:クラウドはこちら

記事:オンライン会議システムの使い方のコツはこちら