SSOサーバー(Single Sign On)の2つの機能・しくみ

blueppt_sso

IT説明図:SSOサーバー(Single Sign On)の2つの機能・しくみ

図はダウンロード可 zip 約52KB pptx 約60KB
¥220(税込)

企業のシステムのユーザーである社員は、日常的に多数のシステムを利用しています。
それぞれのシステムにログインのために、IDやパスワードを入力するのは手間です。
SSOはそれらを解決するしくみで2つの方法があります。

・リバースプロキシ:
各システムにアクセスする前に、SSOサーバーにアクセスします。SSOサーバーがユーザーの代わりに各システムにログインします。

・エージェント:
各システムとSSOサーバーが緊密に連携して、ユーザーがいずれかのシステムにログインしたら、以降は別システムへのログインを容易にする方法です。

早期の導入という観点では、既存のシステム構成への影響が少ないエージェントが選定されることが多いですが、連携に関しての検証が必須です。
リバースプロキシは物理構成の変更はありますが、SSOの実現はしやすいです。
つまり、ネットワーク含めたシステムの物理構成の変更と、各システムとの連携の検証の手間をはかりにかけて判断することになります。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:テレワークを実現するシステム構成例はこちら

説明図:DXとデジタル化の違いはこちら

記事:オンライン会議システムの使い方のコツはこちら