VPN (Virtual Private Network)とは何か・しくみの概要

blueppt_vpn

IT説明図:VPN(Virtual Private Network)とは何か

図はダウンロード可 zip 約44KB pptx 約52KB
¥220(税込)

テレワークやクラウドサービスへのニーズが高まってきたことで、VPN(Virtual Private Network)の利用がより一般的になってきています。
VPNはインターネット上に仮想的につくられる専用のネットワークです。
データ送信を行うユーザーとデータを受信する企業のデータセンターやクラウド事業者の間に仮想的なトンネルをつくって通信を行います。

VPNのメリットとしては、既存のネットワークを利用してコストが抑えられることが挙げられます。
VPNは、企業の拠点間の通信や社員からのリモートアクセスなどでは以前から利用されていました。
Webブラウザを活用しての処理であれば、HTTPSでおなじみのSSL(Secure Socket Layer)で暗号化して通信するケースも多いですが、こちらは主に個人からのアクセスです。

もともとは事業所や拠点間にVPN専用のルータを設置して、相互に通信をすることが多かったのですが、近年は社員のテレワークのために使われる例が増えています。
その場合には、ユーザーは専用のVPNソフトをインストールして利用します。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:SSLはこちら

説明図:クラウドはこちら

説明図:テレワークを実現するシステムの具体例の解説はこちら