Web・Proxy・DNSサーバーの機能と位置づけの違い

blueppt_webservice

IT説明図:Web・Proxy・DNSサーバーの機能と位置づけの違い

図はダウンロード可 zip 約48KB pptx 約56KB
¥220(税込)

企業や団体のネットワークから、Webサービス提供者のネットワークに存在するWebサーバーにアクセスする例。
企業や団体のネットワークのなかのクライアント端末のブラウザから、直ちに相手のWebサーバーにつながるわけではない。
間に、ProxyサーバーやDNSサーバーなどが存在している。

手順としては、クライアントのブラウザからのリクエストにもとづいて、Proxyサーバーを経由して、DNSサーバーでURLからIPアドレスへの変換をする。その後で、インターネットを経て相手のネットワークに入り、目指すWebサーバーにたどりつく。

ProxyやDNSなどは、組織やネットワークの規模で一つのサーバーなどにまとめられることもあれば、大規模になると、それぞれで複数台になることもある。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:プロキシサーバーはこちら

説明図:DNSはこちら

説明図:SSLはこちら