DHCPサービス(Dynamic Host Configuration Protocol)とは何か

blueppt_dhcp

IT説明図:DHCPサービスとは何か

図はダウンロード可 zip 約52KB pptx 約60KB
¥220(税込)

ネットワークにコンピュータを接続するにはIPアドレスを付与する必要があります。その役割を担うのがDHCPです。
ネットワークに接続されたクライアントは、サーバーのOSに存在するDHCPサービスにアクセスをして、自身のIPアドレスを取得します。
もちろん、ほかのクライアント端末と被らない、使われていないIPアドレスです。

このIPアドレスに対しては、DHCP側で、システム管理者があらかじめ割り当て可能なIPアドレスの範囲や有効期限などを指定しておきます。
ネットワーク機器やサーバーなどの重要な機器に対しては、固定のIPアドレスが付与されています。

以前はシステム管理者が申請を受けてIPアドレスを配布していた時代もありました。DHCPの普及とOSに組み込まれたことから、このような管理が一般的となりました。
なお、DHCPサービスとクライアントとの間で、IPアドレスを割り当てるやりとりは、「DHCPxx」などの合い言葉を必ずつけてIPアドレスを渡しています。
接続確認後に行われる特殊な処理でもあります。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:IPアドレスとMACアドレスはこちら

説明図:TCP/IPプロトコルはこちら

各種技術の説明図の目次はこちら