DNS(Domain Name System)の役割とは

blueppt_dns

IT説明図:DNS(Domain Name System)の役割とは

図はダウンロード可 zip 約40KB pptx 約48KB
¥220(税込)

DNSは、ドメイン名とIPアドレスを紐付けてくれる機能を提供します。

利用シーンは大きくは2つあります。
・メールアドレスの@の後ろのドメイン名をIPアドレスに変換する
・ブラウザで入力されたドメイン名をIPアドレスに変換する

ユーザーがDNSの存在を意識することはありませんが、メールでもWebでも重要な役割を果たしています。
また、キャッシュサーバー(対象のドメイン名のIPアドレスがキャッシュにあればキャッシュから応答する)とコンテンツサーバー(キャシュになければ問い合わせする)の2つに分けられます。

DNSの実装の形態はユーザー数やネットワークの規模に応じて変わります。
例えば、小規模な企業であれば、DNSサーバーを独立して設置するのではなく、メールやWebサーバーの中に機能として同居します。
大企業などでは、DNSサーバーを独立して立てるだけでなく、メール用とWeb用で分ける、それらをプライマリ、セカンダリなどのように二重化することもあります。
DNSの重要性がわかります。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:Web・Proxy・DNSサーバーの機能と位置づけはこちら

説明図:SMTPサーバーはこちら