オンプレミスのサーバーの設置場所と格納方法

blueppt_svinst

IT説明図:サーバーの設置場所・格納の方法

図はダウンロード可 zip 約44KB pptx 約52KB
¥220(税込)

近年はクラウドの導入が進んでいますが、まだまだオンプレミスでサーバーなどのIT機器を導入する企業や団体も多いです。
そんなときに考える必要があるのは、サーバーの設置場所、いわゆる置き場所です。

どこに設置する・置くかという観点では、大きく4つに分けられます。

1)ラックなどが置いてある専用のスペース
 19インチラックへの設置が主流で企業や団体の多数派です。

2)サーバールームなどの専用の部屋やフロア
 大企業などではサーバーほかのIT機器の数が多いので専用の部屋やフロアがあることが多いです。

3)机の下
 空き机やシステム管理者の机の下などです。

4)床に設置
 床にそのまま置いている企業などもあります。

サーバーが発する音はPCよりもはるかに大きく、筐体の形状によっては温度や熱を感じるタイプもありますから、3や4はお勧めできません。
基本的には、1や2などの専用のスペース、格納場所に置くのが基本です。
ラックには音や熱への対策を施したタイプもあります。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:クライアントサーバーシステムの構成はこちら

説明図:サーバーOSのシェアと歴史はこちら

説明図:サーバーの構成要素と形状の違いの解説はこちら

説明図:オンプレミスとクラウドの違いはこちら