Webの開発スタイルの変化

blueppt_webdevstyle

IT説明図:Webの開発スタイルの変化

図はダウンロード可 zip 約36KB pptx 約48KB
¥220(税込)

Webはゼロベースで開発する時代から、開発基盤やフレームワークを利用する、さらには、すでに存在するサービスやAPIを利用するようになっています。
独自性や専用性を重視するしくみから、汎用性や可用性を重視するしくみに変化しています。

プログラミングにこだわらずに、コードをできるだけ書かないローコードやノンコードによる開発スタイルです。

それらの背景には、Webのサービスの事業者の競争が激化して、他者に先んじて迅速にサービスを提供することを目指していることがあります。
また、端末やネットワークが急速に進化ならびに多様化してきたことも挙げられます。

フレームワークは汎用的あるいは共通的に使われる処理の流れをひな型として提供する早くて良いものを作るためのしくみです。
Angular、React、vue.jsなどの専用のフレームワークがありますが、大規模なシステムでは、JSPやASP.NETなどが利用されます。

※ダウンロードファイルには、透かしのロゴはありません。

説明図:LAMP(Linux・Apache・MySQL・PHP)はこちら

説明図:Webページ・サイト・アプリの違いはこちら

説明図:HTTPメッセージ・リクエスト・レスポンスはこちら

記事:クラウドの基本や用語をわかりやすく解説はこちら